東京都小笠原諸島

/

Ogasawara , Tokyo

TE型被曳航油槽船

/

TE type Oil Barge

鋼製被曳航油槽船

父島二見湾の小笠原海洋センターの沖に沈む60m程度の非常に細長い船体で、軍籍の艦船のようなスリムな船体だが、両端は非常にシャープな角度となっている。ただし甲板部と思われる部分は全く構造物は無く平ら。船尾と思われる部分が若干盛り上がっている。日本籍の船なのか動力があるのかも全く不明。今後の調査が必要。
2020年12月Twitterにて情報提供があり、本船は「TE型 鋼製被曳航油槽船」の可能性が非常に高いことが判明。当HPでも名称を「台船」から「TE型鋼製被曳航油槽船」に変更