ミクロネシア連邦チューク諸島

/

Chuuk , Federated States of Micronesia

西江丸

/

Seiko Maru

一般徴傭船(雑用船)

船主:大連汽船 造船:播磨造船所 昭和15年7月17日竣工。小笠原の父島の境浦海岸でシュノーケルスポットとして非常に有名な濱江丸とは龍江丸型六姉妹船として姉妹船。昭和18年6月30日に一般徴傭船(雑用船)として海軍に徴傭。
7月24日に第3724船団として海防艦福江、最上川丸、山霧丸と共にトラックに向け横須賀を出港するが、8月1日にアメリカ軍の潜水艦に最上川丸が撃沈された。海防艦福江と西江丸は最上川丸の乗船者約600名を救助したが、西江丸は再度魚雷の攻撃を受け右舷4番船倉に命中したが沈没することはなく、その後トラックに到着した。トラックにて修理に従事していたが、昭和19年2月17日のトラック島空襲によって空爆を受け炎上、翌日に沈没。水平状態で海底に眠る。
比較的深度は深くテクニカルダイビングでのアプローチがより安全。トイレやお風呂・炊事場などが非常にキレイな状態で残っており、特に陶器やタイルなどは付着物が付かず、写真でもわかるように状態が非常に良く残されている。

Pacific War Wrecks

内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます

All rights reserved.