ミクロネシア連邦チューク諸島

/

Chuuk , Federated States of Micronesia

桑港丸

/

San Francisco Maru

一般徴傭船(雑用船)

桑港丸(サンフランシスコ丸)は第一大福丸型貨物船として第一世界大戦中から75隻作られた同型船のうちの一隻。 桑港丸は1919年3月14日に竣工された船なので100年以上前に建造された船となる。 大正時代はニューヨーク~ハンブルク間定期航路などで活躍していたが昭和17年1月20日に海軍に徴用された。 トラック大空襲によって夏島の東の水深60m程度の場所に眠ることになった。 船体は正立した状態で甲板には九五式軽戦車が三台とトラックなどが残っており、戦争にはタンクローリーや機雷なども積まれている。 甲板上の九五式軽戦車の水深で50m程度あり、リクリエーショナルダイビングでのアプローチは厳しい船となる。

Pacific War Wrecks

内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます

All rights reserved.