ミクロネシア連邦チューク諸島

/

Chuuk , Federated States of Micronesia

麗洋丸

/

Reiyo Maru

一般徴傭船(雑用船)

船主:東洋汽船 造船:浅野造船所 大正9年12月27日竣工。浅野造船所B型とも呼ばれた貨物船で同型船24隻の内の一隻。東洋汽船のニューヨーク航路などの貨客船として運用されていたが、昭和16年10月10日に陸軍に徴傭され輸送船として従事した。その後昭和18年11月17日に海軍の一般徴傭船として徴傭された。
昭和19年2月17日のトラック島空襲による空爆で火災炎上し、19日に沈没。
深い船となるので基本的にテクニカルダイビングでのアプローチとなる。多くの鉄骨が残されている事が印象的なのと、船体の崩壊が始まっていることが各所に表れている。

Pacific War Wrecks

内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます

All rights reserved.