山口県柱島沖

/

Hashira Island , Yamaguchi

陸奥

/

Mutsu

戦艦

戦艦陸奥は陸奥は長門型戦艦の2番艦。『陸奥と長門は日本の誇り』といういろはカルタが作られた程国民に愛された。 柱島泊地に停泊中の昭和18年(1943年)6月8日正午過ぎに、原因不明の爆発によって沈没した。 戦後のサルベージにより、艦体の多くの部分は浮揚されたが、艦体の中央前方部分と一部の主砲や艦橋などが海底に残されている。 沈没地点の柱島付近は潮汐による影響を受けやすく、安全にダイビングが可能なタイミングは限られている。

Pacific War Wrecks

内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます

All rights reserved.