東京都小笠原諸島

/

Ogasawara , Tokyo

第五十号型駆潜艇

/

CH-50subchaser

駆潜艇

第28号型駆潜艇第50号艇。 昭和19年(1944年)7月20日夕刻にB24の爆撃で後部に直撃弾を受けた。 翌20日に沈没する前にサンゴ礁に乗り上げるべく現在の沈没場所まで移動してきたと考えられている。 二見湾の湾奥の水深37m程度の底質の海底に沈んでいる。湾奥という事もあり濁っている時もある。 正立した状態で沈んでおり、高角砲が上空を見上げた形で残っているのが印象的。

Pacific War Wrecks

内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます

All rights reserved.