東京都小笠原諸島

/

Ogasawara , Tokyo

零式艦上戦闘機五二型乙

/

Zero

艦上戦闘機

13㎜機銃と7.7㎜機銃が確認できるのと、主翼に13㎜機銃用の孔がないことから三菱製の零戦五二型乙と推定される。 二十一型とも考えられていたが2019年の調査ダイブで五二型乙の可能性が高いと考えられる。 また、小笠原のダイビングサービスfisheyeの笠井さんに推測では「第二御盾隊」で硫黄島に特攻に向かった内の一機ではないかと考えられる。 小笠原父島の二見湾の洲崎飛行場から北側の水底32m~35mに翼が分断されて眠っている。 リクリエーショナルダイビングでもダイビングが可能だが深度が少し深いので注意が必要。

Pacific War Wrecks

内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます

All rights reserved.