マーシャル諸島ビキニ環礁

/

Bikini Atoll , Marshall Islands

長門

/

Nagato

戦艦

言わずと知れた連合艦隊旗艦を最も長く勤めた日本海軍の象徴。長門方戦艦の一番艦。終戦時航行可能な唯一の戦艦だった。 戦後アメリカ軍に接収され、アメリカ軍の核実験の標的艦としてビキニ環礁で沈んだ。 ビキニ環礁内の52-3mの海底に、ほぼ上下逆さまに沈んでいるが右舷側がより沈み込んでおり、 艦橋などは進行方向に向かって右手に倒れている。副砲はアメリカ軍の武装解除により全て取り払われていると思われるが 4基ある主砲はすべて今なお艦体についた状態で残存している。 水面に一番近い上下逆さまになった船底でも30m弱あるので実質テクニカルダイビングでのアプローチしか無いと考えられる。

Pacific War Wrecks

内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます

All rights reserved.