パラオ共和国

/

Republic of Palau

石廊

/

Iro

給油艦

石廊は知床型給油艦の7番艦。昭和19年(1944年)3月30日のパラオ大空襲で航行不能となり、翌31日には大破擱座した。 水深35m程度の海底に成立した形で沈んでいる。船尾の大砲は台座からきれいに残っており、石廊を潜る一つの見どころとなっている。 またマストも非常に象徴的な印象がある。船内探索も可能。

Pacific War Wrecks

内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます

All rights reserved.